子供の貧困増加 原因 対策

子供の貧困増加の原因と対策

スポンサーリンク

今、子供の貧困増加が、深刻な問題となっています。
子供の貧困増加の原因としては、離婚の増加が挙げられます。
昔は離婚するとなると、どちらか片方が、とんでもない犯罪行為でもしない限りは、親族や周りの近所の人間達から強く止められる位、余程の事がないと離婚は認められませんでした。周囲の助けが、子供の貧困増加の原因の原因を防ぎ、対策となっていたのです。

 

しかし今は、趣味に走り過ぎていることが許せなかったり、価値観の違いが埋められないといった事等が原因で、昔では考えられないであろう事が原因で、離婚をするようになってしまいました。
手続きが煩雑とはいえ、昔に比べるとずっと楽になった、離婚という子供の貧困増加の原因。そして、昔のように周囲の助けというものが借りづらい現代社会では、子供の貧困増加の対策も、取りづらくなりました。
それだけ、ライフスタイルの選択肢が増え、行き方が多種多様になったという事だとお言えます。
しかし、これが原因で、収入源が2つから1つになってしまい、子育てもしなければいけない事で、生活が苦しくなってしまいました。
国も、子供の貧困増加の原因と対策を色々と打ち出してはいるのですが、とても全家庭に行きわたる程の対策はとれません。
結果、自力での対策や解決を強要されるような形になっています。

 

スポンサーリンク

 

また、現代社会において、子供の貧困を作りだしている原因は、豊かな子供と大人と比較した時の、貧困の子供と大人の持つ情報格差と技術格差であるともいえます。
親が昔の時代の価値観や働き方の知識しか持っていないと、子供が苦労をし続け、子供の貧困を作りだしている原因として、生活がより深刻なものになってきます。

 

逆に、時代に囚われず、新しい技術や知識を取り入れ、沢山の資産を作って保有し、お金やそれに類似する価値のあるものを増やし続けられる親の元に生まれた子供は、その原因と知識、実践法を親から教わり、実践していく事が出来る為、より豊かさを増していき、 子供の貧困増加の対策となります。

 

今の貧困な子供と裕福な子供を作りだしている格差はどのように資産を作って保有し、生活の糧とするかの手段を学ぶ情報格差と、知識を生かし、実践できるかどうかの技術格差が原因です。

 

そして、競争相手は、日本だけでなく、世界全体になりつつある為、日本のみで通じる知識や技術が、逆に危険なものとなる事もあります。
グローバル化の進行により、昔に比べると、国ごとの格差が年々縮まってきています。
他のアジア諸国も、インフラ整備やIT製品や道具がどんどん浸透してきており、以前程、日本との差が大きいものではなくなってきています。
企業は、少しでも人件費を安くしようと、あらゆる手でコスト削減に着手し、国もそれを後押しする形になっており、賃金減少、不安定な雇用状況を止める事ができません。

 

さらに日本は、世界でも一際サービスや便利さを求める人間の住む国であり、この事も、負担が増えるづけているのに、賃金が下がっていき、生活は楽にならないという状況を作り続けている大きな要因となっています。
国に頼るだけでなく、一人一人が自分でお金や資産の管理をできるよう心がけるべきです。

 

パソコンやスマフォで、ラインやSNSを使う事のできる子供やは多くいても、それをお金や資産を増やし、自分を豊かにする為のキャッシングマシーンとできる人間は、とても少なく、この事も、子供の貧困増加の原因となっています。
逆にキャッシングマシーンとして使う事ができれば、中学生、高校生でも、大企業の社員よりも遥かに巨額のお金と、価値ある資産を保有する事ができ、子供の貧困増加の対策となっています。
今はそういう時代なのです。
今の時代にあった、正しいお金の稼ぎ方を習得していく必要もあるかもしれません。

スポンサーリンク