就学援助 条件 何があるか

就学援助を受けるための条件には何があるか

スポンサーリンク

家庭の事情によって子供の学校生活に支障が出ないように自治体から支給されるのが就学援助金です。
5人に1人が利用しているとされるこの制度ですが、援助金を受け取るための条件には何があるかご存知でしょうか。

 

 

【就学援助金とは】
近年話題になっている子供の貧困ですが、親の貧困によって子供が教育の機会を失ってしまわないように、国や自治体は対策を講じています。
その一つが就学援助金です。
義務教育の場合学費が無料ではありますが、家庭で負担しなければいけない費用もあります。
何があるかというと、筆記用具やノート、給食費、修学旅行費などです。
これらの費用が出せずに子供が肩身の狭い思いをしたり、授業や行事に参加できないということがないように支給されるものです。
自治体や子供の学年などによって変わりますが、年間で10万円ほど支給されます。

 

スポンサーリンク

 

【条件は何があるか】
国ではなく市町村が財源なので、受給条件は市町村によってことなります。
そのため条件に何があるかは住んでいる自治体によって変わります。
就学援助を受けるためには、収入が一定以下の必要があります。
多くの自治体が生活保護もしくはそれに準ずる低所得家庭に対して支給しています。
また同じ自治体であっても、子供の人数や年齢、家族全体の人数などの家族構成によって所得の基準が変わるので、同じくらいの収入であっても受けられない家庭もあります。

 

 

【収入以外の条件は何があるか】
就学援助金には収入以外の条件はありません。
ですが自治体や状況によっては、申請の内容が正しいかどうか確認するため、民生委員などの訪問や面談があることもあります。
就学援助金は小学校から中学校を卒業するまで受け取ることができますが、その間に収入が増えて基準を超えることがあれば、その時点で受給は終了します。

 

 

就学援助金を受け取るための条件に何があるかは、自治体によって違います。
自分が対象になるかどうかは、自治体に問い合わせましょう。
ホームページに受給基準や条件は何があるかを記載してある場合もあります。

スポンサーリンク