就学援助 条件 何がある

就学援助金を受給するための条件には何がある?

スポンサーリンク

子供が学校生活に不自由しないために、自治体から支給される就学援助金を利用したいという家庭はたくさんあります。
ですが調べてみても細かい条件などは問い合わせなければならず、受給の条件に何があるかわからないということもあるはずです。

 

 

【就学援助金がもらえるのはこんな家庭】
就学援助金をもらうための条件に何があるかというと、まずは義務教育期間の子供がいることです。
子供が複数いる場合、義務教育中の子供の人数分だけ支給されます。
就学前の子供や高校生の子供はもらうことができません。
次に所得制限があり、世帯収入が基準より低いことが条件になっています。
基準を決めるための項目に何があるかというと、世帯全体の所得、家族の人数、子供の人数、保護者や子供の年齢、住居が持ち家か借家かなどです。
同じ所得であっても、子供の人数や家族全体の人数が多いほど基準額が高くなるので、就学援助金をもらえる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

【就学援助金をもらうための条件には何がある?】
世帯の所得が家族構成などを元に計算された基準額を下回っている場合自治体の援助を受けられますが、所得以外には特に条件などはありません。
受給するために必要なことは何があるかというと、所得が基準を下回っている年は毎年申請を行う必要があります。
収入額が変わらなくても、次の年に自動的に更新されるわけではないので、忘れずに申請を行わなければいけません。
特に年度初めに学校で案内が配られる場合、子供が出し忘れてしまい申請ができなかったということもあるので注意しましょう。

 

 

【その他に必要はことは?】
自治体によっては、申請以外にも必要なことがあります。
何があるかというと、ランドセルや制服など入学前の準備費用が支給される自治体の場合は、領収書などの提出が必要な場合もあります。
また学用品なども実費が支給される場合には、領収書などで支払いの証明をしなければいけません。
就学援助金の条件を満たしているのに受け取れないということがないように気をつけましょう。

 

 

就学援助金の条件などに何があるかというのは、住んでいる自治体によってかなり差があります。
配布される案内や申請時、承認時などに詳しく教えてもらえますが、就学前に知りたい場合などは自治体の窓口に相談に行きましょう。
この制度を利用している人は意外と多いので、相談することは決して恥ではありません。

スポンサーリンク