母子家庭 手当 いつまでもらえるか

母子家庭の手当のいつまでもらえるか手当はいつまでもらえるか

スポンサーリンク

母子家庭の手当ては、片親の家庭にとって生活がとてもらくになる支援です。
いつまでもらえるか、どのくらいの金額がもらえるのかなどは、自治体によって違いがあります。
母子家庭になってしまった場合は、いつまでもらえるかはある一定の条件がそろうことで児童扶養手当と言われる手当がもらえるようになります。

 

 

【母子家庭に対しての手当て】
この母子家庭に対しての手当には、いつまでもらえるかという疑問もあると思います。
いつまでもらえるかは、子供の年齢で決められています。
年齢制限があるので確認はしておきましょう。
また、母子家庭の場合でも手当てが半分になる期限もあります。
児童扶養手当という名前の通り、受け取るには子供が児童でないとだめです。
いつまでもらえるかという部分では18歳まで母子家庭の場合は、受け取ることができます。
また、子供が何らかの障害を持っている場合については、20歳まで児童というにことで扱われます。

 

 

【いつまでもらえるのか】
いつまでもらえるのかと期限を難しく考えるよりも、覚え方としては母子家庭で、子供への申請が認められてから、高校を卒業するまでの期間は受け取りができると覚えておくと良いでしょう。
また継続していつまでもらえるのかということではなく、親の収入額の条件が良くなってくることで、受ける時期があるまたは受ける時期がないという場合があります。

 

スポンサーリンク

 

【いつまでもらえるかの期間がある】
子供の年齢とは関係なく、支援を受けることができなくなる期間があります。
いつまでうけられるかという継続性というものではなく、条件によっては受けられる金額が半額になってしまう期間があります。
認定を受けてから5年経っていることや、支給条件に当てはまり7年というものです。
いつまでもらえるかは窓口で聞くこともできます。

 

 

支援を受けることに関して、離婚したり死別した場合なども支援の金額の変動があります。
金額の半減は無条件で行われるというわけではありませんので、前もって連絡はあります。
片親ができるだけ自立しやすいように支援するためのものですので、できる限り自立しましょう。

スポンサーリンク