母子家庭 貧困率 高い理由

母子家庭の貧困率が高い理由

スポンサーリンク

母子家庭の貧困率が高い理由は、さまざまなことが要因となっています。
また日本は先進国ではありますが、世界から見れば母子家庭の貧困率は高いものとなっています。
貧困率が高い理由には、子供にかかる費用が大きな割合をしめています。

 

 

【母子家庭の貧困】
母子家庭の貧困率が高い理由の一つとなっているのは、子供の教育費があげられます。
離婚して父親が支払う養育費の額は想像以上に少ないものとなっていますし、中には支払いをしていない人もいます。
このような事態の中、母親だけの収入では毎日の生活だけでいっぱいになってしまって、教育費までなかなか余裕がでません。
日本では、養育費の支払い面では、強制的なものがありませんのであいまいになっている家庭はそのままの現状でいってしまうのです。
海外では、父親が養育費を支払わない場合には国が強制的に支払いを命じるところもありますし、国が立て替えて支払う場合もある国もあります。
日本には残念ながらそのような制度がありませんので、母子家庭の貧困率は上がる一方でそれが高い理由となります。

 

スポンサーリンク

 

【母親の就労率の悪さ】
母子家庭の場合、母親が仕事をするのは大変なものです。
妊娠を期に退職することや、小さな子供がいる場合は、融通を利かすことができない場合もありますし、子供と過ごす時間を考えると長い労働時間はできないといったことがあります。
母子家庭の場合は、さまざまな制限があるため、母子家庭の母親は収入も多くはありません。
こうしたことが貧困率が高い理由に繋がります。
一般的な家庭の生活水準が高い日本では、またそれが片親の貧困率が高い理由へとつながります。
シングルマザーの貧困が高い理由には制限や条件が多くのしかかってきてしまうことで、母親も自由に動くことはできません。
企業などで対応しているところはとても少なく、シングルマザーとしての生活はさらに貧困化していく傾向にあります。

 

 

シングルマザーの家庭における、教育費や養育費は母親の収入だけで成り立たせていることが大半を占めています。
収入の少なさと、養育費の未払いなどが重なることで貧困度が上がってしまうのです。

スポンサーリンク