母子家庭 手当て 親と同居 もらえるか

母子家庭は親と同居でも手当てはもらえるか

スポンサーリンク

母子家庭で親と同居している場合でも手当てをもらえるかは、条件があります。
母子家庭に関しては手当てと言う形で現金支給がありますが、条件として所得や親と同居などがあってもらえるかどうかが決まります。

 

 

【母子家庭としての所得】
母子家庭としての所得が、決まった基準を超えていない場合は親と同居であっても手当てとしてもらうことができます。
もらえるか心配な人は、所得の基準となっている金額を確認しましょう。
住んでいる自治体によって違いもありますが、親と同居で手当てがもらえるかどうかでは、世帯が別という証明があれば需給が可能となっています。
シングルマザーとして生活していく中で、母親にはさまざまな制限があります。
働きたいのに働けない状況の中の母子家庭でも水準に達すような生活は必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

【親と同居で手当てはもらえるか】
母子家庭の場合でも、親と同居していることで手当てがもらえるかと不安な人は多いものです。
親と同居していても、母親の所得が低いケースはありますし祖父母が年金生活をしていることや無職などの場合は所得の基準が低いと考えられますので手当てが受けられる可能性があります。
このような場合は、支給額を上げるために母子家庭の場合は祖父母を不要として扱うようにしましょう。
その理由は、扶養としている家族が多いほど所得の限度額があがります。

 

 

【所得の限度額を上げると満額支給でもらえるか】
シングルマザーとして生活している場合は、同居している祖父母を扶養としておくことで、支給される金額が満額もらえるかの可能性が高くなります。
扶養とする条件に関しては、納税者と生計を共にしていることや、年間所得の金額が既定の額以下となっていることなどがあります。
反対に、同居している祖父母との所得額が合わせて規定額を超えてしまっている場合は、支給されることがないと考えられます。
同居しているからといって、支給されるわけではありませんので、いくつかの条件などを確認しておくことが大切です。

 

 

シングルマザーとして働くことは非常に大変な制限の中で行われるものです。
十分に支給額を受け取れない場合は、祖父母との同居だけでもかなり生活は厳しくなります。
受取額を満額に近づけるためにも、祖父母を自身の扶養として扱うようにしていきましょう。

スポンサーリンク