就学援助金 年収 基準

就学援助金の受給基準の年収は?

スポンサーリンク

貧困家庭の子供が就学に困らないように、自治体が援助する制度として就学援助金があります。
年収が受給基準を下回る家庭にいる子供に対しては、義務教育の期間中必要な費用が支給されるので、給食費や学用品、修学旅行の費用などを賄うことができます。

 

 

【就学援助金は何に使える?】
義務教育である小学校と中学校は、公立であれば学費はかかりません。
ですが個人で使う学用品や給食費などは別途必要です。
貧困家庭であってもそれらの費用を賄えるように支給されているのが就学援助金です。
学用品や給食費、体操着など項目ごとに必要な金額もしくは実費を支給されます。
校外活動や修学旅行に参加する場合も必要な分だけ支給される他、特別な事情がありそれが認められた場合には、通学にかかる交通費も受け取ることができます。

 

 

【どうすれば受けられる?】
就学援助制度は学校が窓口になっていることが多いです。
新入生に対して申請書などの書類が配布され、受給基準を満たす希望する家庭のみが提出するという自治体が多いですが、プライバシーに配慮して郵送で受け付ける自治体も出てきています。
生活保護や児童扶養手当などすでに就学援助金以外になんらかの支援を受けている場合は、手続きが不要なこともあります。

 

スポンサーリンク

 

【受給基準は?】
就学援助金の受給基準は年収によって決められています。
例えば東京都荒川区の場合、ホームページには父母と中学生の子供1人の家庭では364万円がボーダーと記載されています。
これは一例で、実際には親の年齢や子供の学年、人数、家族構成などによって変わってきます。
また自治体ごとによって金額は違い、かなり低い年収でないと受給できない場合もあります。
生活保護を受給している、市民税が非課税など一定以下の年収であると認められると就学援助金をもらえる自治体がほとんどです。
世帯が別でも同居している人がいる場合や、単身赴任の家族がいる場合には、親だけの年収ではなく全体の年収の合計を基準にします。

 

 

就学援助金の受給基準は、就学に困難が生じるかによって決められています。
また財源は市町村なので、物価や自治体の財政によっても変わってきます。
同じ年収でも違う自治体なら受給基準を満たしているということもあるので、まずは自分の住んでいる市町村の受給基準を確認してみましょう。

スポンサーリンク