母子家庭 手当て 実家暮らし 頼るべき

実家暮らしの母子家庭は手当てに頼るべきか

スポンサーリンク

母子家庭になると、母親一人で家庭を支える形となります。
もちろん、養育費を受け取っていてもしっかり支払わない相手もいます。
そのような場合、母子家庭が受け取れる手当だけでは不安になります。
実家暮らしをして親に頼るべきなのか、それとも自立して頑張っていくのか。
親としては悩むところです。

 

 

【母子家庭は実家暮らしをして親に頼るべき】
母子家庭で受け取れる手当てには制限もありますし、余裕をもって生活ができるだけの手当ての金額ではありません。
そこで考えるのが実家暮らしです。
親に頼るべきかは自身の生活の不安さによりますが、母子家庭ということでは、子供がいる場合養育費や教育費などさまざまなお金がこの先かかってきます。
手当てをもらえたとしても、実家暮らしではない場合は、仕事ができる時間も制限されてしまいます。
頼るべきだと考える理由の一つとしては、子供を見ていてもらえるので、働く時間を気にしなくて済みます。
実家暮らしとなると、手当ての方にも制限は出てきますが、その分自分が働けばいいので問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

【実家暮らしのメリット】
母子家庭が受けられる手当てにはいくつかありますが、生活をしていけばきついものです。
親を頼るべきとして考えることで、仕事が自由に選べることや子供の心配をしなくて済むと言う面です。
母子家庭で実家暮らしをしている人はたくさんいますし、その場合手当のいくつかは制限されてしまいますが、親を頼るべきとして実家にはいることで母親の精神的な安定が保てます。
手当てが減ってしまったとしても親がいますので安心感はあります。

 

 

【親を頼るべきではない場合】
どうしても実家に入ることで、子供に対しての甘さが出てしまうことがあります。
またいくら親子でもなれ合い過ぎてしまうとよくありません。
手当てを受けて自立している母親もたくさんいます。
その中で甘えが多くある実家での暮らしでは、なかなかシングルマザーとしての自立は難しくなります。

 

 

どちらにしても、自身が自立して行けるのであれば生活のスタイルは自分で決めるべきですが、親に頼り切ってしまうことは子供にとっても良いお手本にはなりません。

スポンサーリンク