母子家庭 生活保護 保育園

生活保護を受ける母子家庭は保育園に通えるのか

スポンサーリンク

母子家庭で生活保護を受けている場合、最低限の生活ができるシステムとして支給されるお金は、やはり助け船のようなものです。
生活保護は、母子家庭でも条件が合えば受けられるものです。

 

 

【保育園よりも幼稚園】
母子家庭であり、なおかつ生活保護を受けている場合は子供を通わせるのに保育園を選ぶよりも、幼稚園を選ぶことです。
幼稚園では、毎月かかる保育料が支払えるのであれば、母子家庭でも生活保護を受けていても通うことができます。
保育園に通わせることで、預かり時間が長くなりますので、母子家庭の場合は仕事をする時間が長くなればそれだけ助かるものですし、生活保護を受けていても子供を保育園に預けることができますし、収入が多くなる分にはそれだけ生活保護からの自立が早くなると言うことになります。

 

 

スポンサーリンク

 

【保育園で得られるメリット】
母子家庭で生活保護を受けながら生計を立てている場合には、子供を保育園に預けることで、就労時間が長くなりその分収入も増えることになります。
生活保護はあくまでも一時的なものとして考えるべきですし、保育園に預けながらしっかりと自立して生活している母子家庭の人たちもいます。
母子家庭だからといって、いつまでも甘えているわけにはいきませんので、子供をできるだけ預けるようにして自身は働いて収入を得るようにしましょう。

 

 

【母親も大変ならば子供も同じ】
シングルマザーとして大変な思いをしている中には、同じように子供も大変な思いをしていると考えましょう。
母親が頑張る姿は子供にとって励みにもなりますし何よりもお手本となります。
母親が働く姿をみて自分も頑張ろうと言う気持ちに繋がりますので、生活保護を受けていることは悪い事ではありませんが、できるだけ早い自立をしていくようにしましょう。
子供を預けて働くようにしていくことで、はじめは大変かもしれませんが徐々に生活も安定していきます。

 

 

シングルマザーとして生活していくのは容易ではありません。
周囲の助けも必要となりますが、自立をすることが第一ですので園に預けることも必要となります。
支援を受けていても預けることは可能ですので、問い合わせなどをしてみましょう。

スポンサーリンク