母子家庭3人 生活費 いくらになるか

母子家庭3人では生活費はいくらになるか

スポンサーリンク

母子家庭3人では、生活費はいくらになるか。
それぞれの生活状況が違うので、母子家庭3人で生活費がいくなになるかは違いがでます。
家計をなんとかやりくりしていきながら生活していく人も多いはずです。

 

 

【予測をする】
母子家庭3人では、生活費がいくらになるかはおおよその金額が予測できるはずです。
食費や光熱費、交通費、雑費そして教育費などおおまかにかかるお金の合計をだしてみると、その月に生活費としていくらになるかが把握できます。
母子家庭3人の場合は、どのくらい子供たちにお金がかかるのかを計算しましょう。
手当等もふくめて考えてみることで、生活費がいくらになるか、予測がつきます。
母子家庭3人の生活費がいくらになるか、おおよその概算として家賃などを含めると15万前後だと考えます。
いくらになるかは、必要最低限の費用を最初に書き出していきます。
母子家庭3人で生活費として必ず必要なお金を書き出していくと、その金額がいくらになるかがはっきりします。
さらに子供たちの雑費などを含めた母子家庭3人の金額がでます。

 

スポンサーリンク

 

【手当なども計算に入れる】
シングルマザーとして生活をしている中で、必ず受け取れる手当もあります。
収入が15万円毎月いかなくても、手当を含めてそのくらいであれば十分生活は成り立ちます。
手当に関しても一般的に支給されるものとして児童手当がありますし、さらにシングルマザーでは、児童扶養手当があります。
これらの金額も収入など条件で金額が決まりますが、満額支給となるとおよそ4万円となります。
この金額は、前年度の所得に対して減額されていきますが、計算する方法は、それぞれの自治体などのホームページで確認することができます。
所得のわかるものが必要となりますので、源泉徴収や確定申告などを見ながら計算していく方が良いでしょう。

 

 

子供を含めて3人暮らしの場合に必要な金額がわかれば、その金額をまずは目標として働くことをすれば良いですし、それ以上に稼ぐことができる仕事があれば挑戦してみるのもよいでしょう。
また、養育費を受け取れる状態であれば生活にも若干の余裕はもてると考えます。
できるだけ、手当を当てにすることを考えていくことで自立することができます。

スポンサーリンク