母子家庭 児童扶養手当 もらえないのか

母子家庭で児童扶養手当をもらえないのか

スポンサーリンク

母子家庭になってしまうのにも、いろいろな理由があります。
母子家庭に関しては、児童扶養手当を含めて支援する制度がいくつかあります。
手当をもらえないのか、児童扶養手当はその中でも大きな助けとなる支援です。

 

 

【児童扶養手当は条件によってもらえないのか】
児童扶養手当は、母子家庭となってしまった場合にそれぞれの自治体から支給されるものです。
条件を満たしていないともらえないのかと心配する人も多いと思います。
児童扶養手当は母子家庭を対象にしている支援ですが、父子家庭に関しての対象となっています。
実家で暮らしている場合は、もらえないのかということもありますが、基本的には児童扶養手当というものは、一人親が子供を育てている場合に対象となります。
もらえないのかと考える中では、児童扶養手当を自身がもらえないのかは親一人で育てていることが第一条件となります。

 

 

スポンサーリンク

 

【もらえないのかわからない場合】
母子家庭で一人で生計を立てながら、子育てをしている家庭に限り支援される児童扶養手当ですが、その内容としては離婚した場合や、死別してしまった場合、両親の片親が生涯を追ってしまった場合や、虐待をどちらかから受けている子供がいる場合など、もらえないかどうがは、条件次第で変わってきます。
この条件も各自治体によって多少内容がかわります。
条件がよくわからない場合は母子家庭であれば窓口までいき、相談してみる方が良いでしょう。
母子家庭では支援してもらえるものはしてもらうことで、生活が少しでも豊かになります。

 

 

【所得にも関係する】
受給したい場合は申請することで、支援をうけることができますがこれには所得の制限があります。
一人の働きで生計を立てていることと、所得の制限がつくということになります。
例えば子供が一人の場合では、年収が130万円未満の場合は全額支給となりますし、それ以上ですと、一部支給となります。
また、所得の制限に関して上限を超えている場合は、受けることができなくなります。
さらに実家暮らしをしているシングルマザーも多いものですが、家計が一緒となると支援は受けられない可能性が大きくなります。

 

 

シングルマザーでも、同居している場合は、光熱費の場合はメーターが別なことや、家賃を支払うなどして生計を別にした場合には、支援を受けられる可能性が高くなりますので、さまざまな条件をクリアして受けられるようにしましょう。

スポンサーリンク