母子家庭 就学援 受ける 方法

母子家庭で就学援助を受ける方法

スポンサーリンク

母子家庭で就学援助を受ける場合は、その方法や申請書の書き方などわからないことがある場合は、申請を出す窓口で聞くようにしましょう。
申請を出すことでは、母子家庭でも条件がいくつかあります。

 

 

【母子家庭就学援助について】
母子家庭となってしまった場合で、生活が苦しい場合や、子供を学校に就学させることが難しい場合は、就学援助を受けることができます。
申請方法などは書類に記載するような形となります。
母子家庭の子供たちが就学援助を受けることで、学校生活が円滑にくようになります。
申請する場合は方法を把握しておきましょう。
また、母子家庭であっても、収入が高い場合は、就学援助を受けることができない場合もあります。
手続きの方法や、いくつかある条件なども知っておく必要があります。

 

 

【就学援助を受ける方法】
母子家庭で援助を受ける方法は、申請に必要となる調査資料が学校ごとに配布されていますので、方法としては直接学校に問い合わせをするなどしましょう。
書類の必要事項に記載をして学校へと提出します。
この申請は随時受付可能となっていますが、申請する期日にかんしては、各学校ごとに決まっています。

 

スポンサーリンク

 

【就学援助は正直に記入すること】
シングルマザーとして、収入が低く生活自体が苦しいものとなり学校にかかるお金などが確保できないといった内容を、正直に記入するようにしましょう。
支援については、片親の収入が基準となっていますので、シングルマザーでも業種によって収入が高く十分生活を送れる水準を満たしている場合には、支援をうけることができない場合もあります。
申請内容が確認されて認定された場合は、その認定内容に関しての説明があります。
また非認定となってしまった場合には教育科というところから通知が直接届くようになっています。
まれに生活状況などの把握が仕切れない場合には、聞き取り調査を受ける場合もあります。

 

 

シングルマザーとしての生活はとても大変なことです。
援助してくれる親などがいない場合には、子供にかかるさまざまな費用が賄えないこともあります。
支援を申し出ることで、受けられるようなら、手続きをしっかり行いましょう。

スポンサーリンク