母子家庭 高校援助 受ける 方法

母子家庭で高校援助を受ける方法

スポンサーリンク

母子家庭が高校援助を受ける方法について、支援を受ける方法はいくつかあります。
高校援助を受けることで、母子家庭においての経済的負担が減少して助かります。
高校支援を受けることができなければ、不安でいっぱいになってしまうでしょう。

 

 

【母子家庭の収入と高校援助】
母子家庭の場合、母親だけの収入では経済的に大きな負担がのしかかってきます。
高校援助は経済定期に生活が困難で教育費が出せない家庭に支給されるものです。
受ける方法としては、母親の収入で支給額に違いが出てきますし、所得が高ければ受けることができない場合があります。
母子家庭の多くが受けることができる高校援助は、国が給付している奨学金となりますので、返済する必要がないものとなります。
受ける方法としては、非課税世帯や申請する自治体に保護者が住所を持っていることなどが条件となります。

 

 

【母子家庭が高校援助を受ける方法と金額】
母子家庭で支援を申請する方法は、各自治体で申請方法を確認する方が良いと思います。
支援を受けられる子供は、その条件がいくつかありますが、学業に真剣に取り組むことができる子供や、高校へと進学を考えているが経済的に難しい場合、これらには支給額が自治体によって違いますが、支援を申し出ることで条件に合っていれば認可されます。
支援金は、給付型となっていますので、返済義務がありません。
高校となると、支援金制度にもところによっては、入学支度金や学年資金とがある場合もあります。
このように他の支援金と併用していくことも可能になっているところもあります。

 

スポンサーリンク

 

【支援金の様々な条件】
場所や学校が違えば、その高校援助制度の内容にも違いがあります。
例えば定時制に通うことで受けられる支援や、各学校推薦で認可される場合、経済的な支援を強く希望している場合などさまざまなものがあります。

 

 

給付額にも多少の違いはありますが、一般的には年間を通して15万円前後となっています。
給付金を受け取ることができるのは、シングルマザーでは誰でもというわけではありませんが、対象となっている家庭に関しては、各学校でもそのような支援があると言う話もしてもらえますので、相談してみましょう。

スポンサーリンク