就学援助 受ける パート 非課税 基準

パートでも就学援助を受けることが可能な基準は非課税?

スポンサーリンク

経済的困難を抱えている家庭の子供が他の子と同じように学校生活を送れるように支給されるのが就学援助金です。
主に保護者の所得額が基準になりますが、パート収入を得ている場合には受けることができるのでしょうか。

 

 

【就学援助制度の内容】
義務教育である小学生と中学生の子供がいる所得の低い家庭を対象に、学費以外に必要な費用に相当する額を支給するのが就学援助制度です。
修学旅行費や卒業アルバム代なども、必要に応じて支給されます。
将来返還する必要はなく、成績などの条件もありません。
子供が複数いる場合は、義務教育期間中の子供の人数分支給されます。

 

 

【就学援助制度を受けるための基準】
就学援助制度を受けるためには、まず世帯の所得が基準となります。
自治体によって対象になる所得額が違い、家族構成や年齢によって計算されています。
どの自治体も、生活保護を受ける家庭やそれに近い所得の場合が対象です。
ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当と両方受けることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

【パート収入があっても受けることは可能?】
夫婦共働きの場合は所得額が基準額より多くなる場合がほとんどですが、パート収入がある場合はどうなるのでしょうか。
就学援助は自治体によって基準になるのが所得額の場合もあれば収入額のこともあります。
収入額だとパート収入はそのまま上乗せされますが、所得額の場合は違います。
パートをする場合、配偶者の扶養に入るために所得税が非課税になる範囲で働いている人が多いです。
パート収入の場合、まず給与所得控除の65万円が引かれます。
それに所得税は基礎控除、住民税は非課税枠を足した約100万円以内に収入を抑えると非課税になります。
所得は所得税と同じように計算するため、非課税の範囲内で働いている人であれば所得は0円になるということになります。
そのため就学援助の基準が所得額の自治体では、パート収入があっても非課税なら受給対象になることは十分に考えられます。

 

 

パート収入があっても就学援助が受けることができるということは、専業主婦が非課税の範囲で働いて収入が増えても受給を続けられるということです。
非課税になるかどうか、基準を満たせるかどうかというのは自治体や働き方によって違うこともあるので、よく確認しましょう。

スポンサーリンク