就学援助制度 受ける 年収基準

就学援助制度を受けるための年収基準

スポンサーリンク

全ての子供が義務教育を受けられるように、国や自治体は様々な支援を行っています。
そのほとんどは一定の年収基準を設け、それを下回る場合に援助が受けられます。
制度によって年収基準は違いますが、就学援助制度を受けることができるのはどのような人なのでしょうか。

 

 

【義務教育を受けるために必要な費用】
公立の小中学校は学費がかかりませんが、筆記用具などの学用品や体操着、給食費などたくさんの費用が必要になります。
義務教育はどのような家庭環境であっても受けることができるようになっていますが、必要なものが用意できずに学校生活を送れないということになってしまっては困ります。
就学援助制度は、学費以外に必要な費用を援助し、子供が安心して学校に通えるようにするのが目的です。

 

 

【就学援助制度の年収基準は?】
就学援助制度の年収基準は、市町村がそれぞれ定めています。
保護者の年収や年齢、子供の人数や学年、世帯全体の人数や所得などを総合して計算するため、自分で正確に計算するというのは難しいです。
目安となる大体の年収を公開している自治体もありますが、該当するかわからない場合には自治体に問い合わせる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【年収基準以外の目安】
年収以外にも、就学援助制度を受けることができるかどうかの基準になるものがあります。
すでに何らかの支援を国や自治体から受けている家庭は、就学援助制度の対象になっている場合が多いです。
生活保護や児童扶養手当、住民税の免除や減額などは、年収が低い家庭が受ける支援なので、就学援助金も受け取れる可能性が高いです。
ギリギリこれらの制度の基準に当てはまらない場合でも、就学援助制度は受けることができるというケースもあり、援助を受けられるかどうかわからなくてもとりあえず申請することを勧められることもあります。

 

 

就学援助制度を受けることができるのは、それぞれの自治体が定めた年収基準を下回る家庭です。
年収基準はそれぞれの家庭によっても違うので、当てはまるかもしれないと思ったらまずは市町村に相談したり、申請をしてみるのをおすすめします。

スポンサーリンク