就学援助 受けた時 返金内容

就学援助を受けた時にある返金内容は

スポンサーリンク

就学援助の制度について調べていると、返金という言葉が出て来ることがあります。
これは就学援助金を受けた時に支給されたお金を返さなければいけないというわけではありません。
では実際にはどのような返金内容なのでしょうか。

 

 

【就学援助金が支給されるのは】
義務教育期間中の子供がいる家庭は、所得が少ない場合に就学援助を受けることができます。
義務教育は学費が無料ですが、その他に学用品などの出費がありますが、就学援助を受けた時にはそれらの実費や相当額を市町村が負担し、子供の就学に影響が出ないようにしています。
援助を受けた時に、生活や就学に条件が付けられるようなことは通常ありません。
所得は前年度のものを基準にするため、最初に援助を受けた時よりも収入が上がれば、次の年には受けられなくなるということもあります。
その場合に前年度に受けた援助金を返金するように言われたりすることはありませんし、子供の卒業後や成人後に返金しなければいけないということもありません。

 

スポンサーリンク

 

【就学援助を受けた時に返金は必要?】
インターネットで就学援助について調べると、返金というワードが出て来ることがあります。
そのため返さなければいけないお金だと思っている人がいますが、実際には返す必要はありません。
返金というのは受給者が自治体にするのではなく、自治体が受給者にするものを指しています。
返金内容は実際に払った実費ということがほとんどです。

 

 

【実際にあった返金内容とは】
返金内容で一番多いのは修学旅行費です。
学校や自治体にもよりますが、修学旅行費は積立をすることが多いです。
その場合積立は保護者が行い、修学旅行終了後に自治体から実費の返金があります。
自治体から直接学校に支払われることもありますが、ほとんどが後から返金になります。
返金内容は修学旅行費として支払った実費ですが、中には上限が決まっていて全額返ってこない自治体もあります。
修学旅行以外では給食費も返金になることがあります。
一旦集金や引き落としを行い、後日返金されるので実質給食費の負担はありません。

 

 

就学援助を受けた時に、子供や保護者にとって不都合なことが起きるということはありません。
返金内容も保護者側の負担ではなく、かかったお金を返してもらうだけなので心配はいりません。
返金内容や支給額など、細かい内容は自治体によってかなり違いがあるので、支援を受けた時に確認しておくと安心です。

スポンサーリンク