就学援助金 いつ いくらもらえる

就学援助金はいついくらもらえる?

スポンサーリンク

どんな家庭環境の子供であっても同じように教育を受けられるように、国や自治体では所得の低い家庭に対して様々な支援を行っています。
そのうちの一つが就学援助金です。
生活保護や児童扶養手当などすでに他の手当を受け取っていても、一緒に受給することができます。

 

 

【就学援助金とはどのようなもの?】
小学校や中学校は義務教育と呼ばれ、全ての子供が同じように通えるように学費が無料になっています。
しかし実際に通うためには、給食費や学用品などの費用が必要になります。
校外活動や修学旅行などがあればその分のお金が必要になりますし、体操着やランドセル、制服なども購入しなければいけません。
これらの費用がいくらくらいかかるかというと、年間数万〜十数万円ほどはかかってきます。
入学時や卒業年度などはさらに負担が増えるため、所得が低い場合には十分な用意をしてあげられないということもあります。
そのような家庭を援助するためにあるのが就学援助金です。
全ての費用を賄えるわけではありませんが、大部分をカバーしてくれます。

 

 

【就学援助金はいついくらもらえる?】
就学援助制度を利用する場合、いくらもらえるのかというのはとても気になることだと思います。
実は就学援助制度は国の制度ではなく、市町村単位で行っているため自治体によって受給基準や内容がまちまちです。
そのため、いくらもらえるかというのは自治体によりけりです。
例えば学用品費用として月にいくらもらえる、入学の準備に必要な費用をいくらもらえる、というようなシステムの自治体もあれば、実際にかかった金額を返金するという自治体もあります。
支援を受けている人がいついくらもらえるかというと、大体年3回各学期末くらいの時期に支給され、年間6〜10万円程度という自治体が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

【就学援助金を申し込めるのはいつ?】
就学援助制度は多くの場合学校を通して案内を行っています。
いつ案内があるかというと、毎年4月頃に学校で手紙が配られるはずです。
就学援助金の申請は毎年行う必要があります。
逆に言うと、退職などが原因で1年だけ所得が少なかった場合などは、その1年分だけでも援助してもらえるということです。
いつ手紙が配られるかは学校によって違いますが、入学時に購入したランドセルや制服などの費用は早い段階で申請しなければいけないというルールがある場合もあります。
1学期が始まってすぐに配られなかった場合は、いつ案内があるか学校に確認してみましょう。

 

 

就学援助金がいついくらもらえるかというと、大体月数千〜1万円程度を年3回にわけて支給されている自治体が多いようです。
入学時や修学旅行のある学年ではその分が追加で支給され、学年が上がれば必要な物が増えるため支給額自体が増えるので、自治体の案内を確認してみましょう。

スポンサーリンク